タミヤについて

創業

田宮模型の創業者・田宮義雄は、第二次世界大戦以前は運送業を営んでいましたが、1945年6月の静岡大空襲で事業基盤の大半を焼失してしまったため、戦後製材業に転じ、1946年に田宮模型の母体となる「田宮商事」を設立。
翌1947年には木製木工部門を設立し、主に船舶や飛行機の木製模型を製作していました。
しかし1951年に漏電が原因で火災が発生し会社社屋や在庫の木材等を焼失し大きな借金を抱え、材木の仕入れにも支障をきたすようになったため、1953年には一般建築材の製材販売をやめ、模型専業メーカーとなりました。